研究業績-講演

宮崎修一特命教授 バイオマテリアルの開発、応用と実用化技術に関する国際シンポジウムで特別招待講演

講演題目:Overview of Ti-based Shape Memory Alloys

開催期間:20161027

開催場所:釜山、韓国

宮崎修一特命教授 スマート材料・構造・システムに関する国際会議(CIMTEC-2016)で招待講演

講演題目:Mechanical Behaviour, Shape Memory Effect and Micro-structures of Ti-based Shape Memory Alloys

開催期間:201665-9

開催場所:ペルージャ、イタリア

宮崎修一特命教授 マルテンサイト変態に関する国際シンポジウム(ESOMAT-2015)で招待講演

講演題目:Relationship between Oxygen and Martensitic Transformation in Beta-Ti Alloys

開催期間:2015914-18

開催場所:アントワープ、ベルギー

宮崎修一教授 フランス航空宇宙研究所(ONERA)で招待講演

講演題目:Ti-based High Temperature Shape Memory Alloys (Invited)

開催期間:2014年9月19日

開催場所:パリ、フランス

宮崎修一教授 ロレーヌ大学で招待講演

講演題目:Martensitic Transformation and Shape Memory Effect of Ni-free beta-Titanium Alloys (Invited)

開催期間:2014年9月8日

開催場所:ナンシー、フランス

宮崎修一教授 マルテンサイト変態に関する国際会議で招待講演

講演題目:Mechanisms of Unique Properties of Gum Metals in Connection with Nano-domain Phase Transformation (Invited)

会議名: International Conference on Martensitic Transformation

開催期間:2014年7月6日-11日

開催場所:ビルバオ、スペイン

宮崎修一教授 マルテンサイト変態に関する国際学校で招待講義

講演題目:Martensitic Transformation and Shape Memory Effect of Ni-free beta-Titanium Alloys (Invited Lecture)

会議名: International School on Martensitic Transformation

開催期間:2014年7月3日-5日

開催場所:ビルバオ、スペイン

宮崎修一教授 第17回復元力応用分科会講演会で基調講演

講演題目:ゴムメタルの特異な変形挙動とそのメカニズム (Plenary)

会議名:第17回復元力応用分科会講演会

開催期間:2014年6月6日

開催場所:東京電気大学

宮崎修一教授 東北大学金属材料研究所で特別講演

講演題目:チタン系形状記憶合金の開発 (Special Lecture)

会議名: 第126回東北大学金属材料研究所講演会

開催期間:2013年11月28日-29日

開催場所:東北大学金属材料研究所

>>講演会ポスター

宮崎修一教授 先端材料に関する国際シンポジウムで基調講演

講演題目: Development of Ni-free beta-Titanium Shape Memory Alloys (Plenary)

会議名: International Symposium on Advanced Materials

開催期間:2013年9月23日-27日

開催場所:イスラマバード、パキスタン

宮崎修一教授 金属学会関東支部講習会で招待講演

講演題目:形状記憶合金の微細組織制御と高機能化 (Invited)

会議名: 金属学会関東支部講習会

開催期間:2013年9月4日

開催場所:東京工業大学

宮崎修一教授 機能材料に関する国際フォーラムで基調講演

講演題目:Development of Ti-based Shape Memory Alloys (Plenary)

会議名: 2013 International Forum on Functional Materials (IFFM 2013)

開催期間:2013年6月27日-29日

開催場所:Jeju, Korea

宮崎修一教授 マルテンサイト変態に関するヨーロッパ国際シンポジウムで基調講演

講演題目: Mechanical Behavior, Shape Memory Effect, Pseudoelasticity Ti-based Alloys (Plenary)

会議名: The European Symposium on Martensitic Transformations (ESOMAT 2012)

開催期間:2012年9月9日-16日

開催場所:サンクトぺテルスブルク、ロシア

宮崎修一教授 第6回薄膜と表面コーティングの技術的進展に関する国際会議で招待講演

講演題目: Development Ti-based Shape Memory Alloys (Invited)

会議名: The 6th International Conference on Technological Advances of Thin Films & Surface Coatings, ThinFilms2012

開催期間:2012年7月14日-17日

開催場所:シンガポール

宮崎修一教授 第4回スマートマテリアル、構造、システムに関する国際会議で招待講演

講演題目: Development of Ni-free beta-Titanium Shape Memory Alloys (Invited)

会議名: The 4th International Conference on Smart Materials, Structures and Systems, CIMTEC 2012

開催期間:2012年1月10日-14日

開催場所:イタリア、モンテカティ二

宮崎修一教授 第6回スマートマテリアル、構造、システムに関する国際会議で基調講演

講演題目: Ti-based Shape Memory Alloys (Plenary)

会議名: The 6th ISSS International Conference on Smart Materials, Structures and Systems, ISSS-2012

開催期間:2012年1月4日-7日

開催場所:インド、バンガロー

宮崎修一教授 アクチュエータ用形状記憶合金の物理的機械的材料学に関する国際会議で基調講演

講演題目:Recent Development of High Temperature Shape Memory Alloys forActuator Applications (Plenary)

会議名:International Symposium on Physical and Mechanical Metallurgy ofShape Memory Alloys for Actuator Applications, 2011 TMS Annual Meeting & Exhibition

開催期間:2011年2月27日-3月3日

開催場所:米国、サンディエゴ

宮崎修一教授 第9回ブラジルMRS国際会議で基調講演

講演題目:Ni-free Ti-based Shape Memory Alloys (Plenary)

会議名: The IX Brazilian MRS Meeting

開催期間:2010年10月24日-28日

開催場所:ブラジル、オウロプレトMG

宮崎修一教授 次世代バッテリーに関する国際シンポジウムで招待講演

講演題目:Ti-Ni Shape Memory and Superelastic Alloys Usable for Flexible Battery (Invited)

会議名:International Symposium on Next Generation Battery

開催期間:2010年9月2日-3日

開催場所:韓国、晋州

宮崎修一教授 薄膜と表面被覆の技術進展に関する国際会議で招待講演

講演題目:Development TiNi-based Shape Memory Alloy Thin Films for Microactuators (Invited)

会議名:International Conference on Technological Advances of Thin Films & Surface Coating

開催期間:2010年7月12日-14日

開催場所:中国、ハルビン

宮崎修一教授 形状記憶合金に関する特別ワークショップで基調講演

講演題目:Ni-free Ti-based Shape Memory Alloys (Plenary)

会議名:Special Workshop on Shape Memory Alloys

開催期間:2010年6月20日-24日

開催場所:トルコ、イスタンブール

宮崎修一教授 アクチュエータに関する国際会議で基調講演

講演題目:Recent Development of Shape Memory Alloys and Engineering Actuator Application (Plenary)

会議名:International Conference on Actuators, ACTUATOR 2010

開催期間:2010年6月14日-16日

開催場所:ドイツ、ブレーメン

金 熙榮准教授 先端材料のプロセスと製造に関する国際会議で招待講演

講演題目:Effect of O and N Addition on Superelastic Properties of Ti-Nb Base Alloys (Invited)

会議名:Eighteenth International Symposium on Processing and Fabrication of Advanced Materials

開催期間:2009年12月12日-14日

開催場所:仙台

宮崎修一教授 第8回マルテンサイト変態に関する欧州シンポジウムで基調講演

講演題目:Recent Development of High Temperature Shape Memory Alloys (Plenary)

会議名:The 8th European Symposium on Martensitic Transformations, ESOMAT-09

開催期間:2009年9月7日-11日

開催場所:チェコ、プラハ

金 熙榮准教授 先端材料のプロセスと製造に関する国際会議で招待講演

講演題目:Development of Novel Titanium-Base High Temperature Shape Memory Alloys (Invited)

会議名:International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced materials

開催期間:2009年8月25日-29日

開催場所:ドイツ、ベルリン

宮崎修一教授 第3回機能材料に関する国際シンポジウムで基調講演

講演題目:Development and application of Ti-based shape memory alloys (Plenary)

会議名:The 3rd International Symposium on Functional Materials, ISFM2009

開催期間:2009年7月15日-18日

開催場所:韓国、晋州

>>紹介ページ

宮崎修一教授 形状記憶合金シンポジウムで招待講演

シンポジウム名:形状記憶合金シンポジウム
主催:形状記憶合金協会
開催期間:2008年11月27日-28日
開催場所:ユアーズホテル・フクイ

宮崎修一教授 第6回先進材料とプロセスに関する環太平洋国際会議で基調講演

講演題目:Overview of Ti-Ni and Ti-based shape memory alloys (Plenary)

会議名:The Sixth Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing, PRICM-6

開催期間:2008年11月5日-9日

開催場所:韓国、済州島

宮崎修一教授 アクチュエータに関する国際会議で基調講演

講演題目:Shape memory Alloy Thin Film Microactuators (Plenary)

会議名:International Conference and Exhibition on New Actuators and Drive Systems, ACTUATOR-08

開催期間:2008年7月9日-11日

開催場所:ドイツ、ブレーメン

宮崎修一教授 マルテンサイト変態に関する国際会議で招待講演

講演題目:Ti-based biomedical shape meory alloys (Invited)

会議名:The International Conference on Martensitic Transformation, ICOMAT-08

開催期間:2008年6月29日-7月5日

開催場所:米国、サンタフェ

宮崎修一教授 第3回スマート材料、構造及びシステムに関する国際会議で招待講演

講演題目:Ti-based biomedical shape meory alloys (Invited)

会議名:The 3rd International Conference on Smart Materials Structures and Systems, CIMTEC 2008

開催期間:2008年6月8日-13日

開催場所:イタリア、シシリー島

宮崎修一教授 第2回機能材料に関する国際シンポジウムで招待講演

講演題目:Ti-based Biomedical Shape Meory Alloys (Invited)

会議名:The 2nd International Symposium on Functional Materials, ISFM 2007

開催期間:2007年5月16日-19日

開催場所:中国、広州

宮崎修一教授 形状記憶と超弾性の技術に関する国際会議で招待講演

講演題目:Ti-Ni Thin Film Microactuators (Invited)

会議名:The International Conference on Shape Memory and Superelastic Technologies, SMST 2006

開催期間:2006年5月7日-11日

開催場所:米国、パシフィックグロブ

宮崎修一教授 MRS秋期大会−スマートシステムのための材料とデバイスに関するシンポジウムで招待講演

講演題目:Development of Thin Film Shape Memory Alloy Microactuators (Invited)

会議名:The MRS Fall Meeting, Symposium on Materials and Devices for Smart Systems

開催期間:2005年11月28日-12月2日

開催場所:米国、ボストン

宮崎修一教授 マルテンサイト変態に関する国際会議で基調講演

講演題目:Overview of Ti-based Biomedical Shape Memory Alloys (Plenary)

会議名:Inetrnational Conference on Martensitic Transformations, ICOMAT-05

開催期間:2005年6月13日- 17日

開催場所:中国、上海

宮崎修一教授 第1回形状記憶と関連技術に関する国際シンポジウムで招待講演

講演題目:Development and Characterization on Shape memory thin film microactuators (Invited)

会議名:The First Inetrnational Symposium on Shape Memory And Related Technologies, SMART-04

開催期間:2004年11月24日- 26日

開催場所:シンガポール

宮崎修一教授 第5回先進材料に関する環太平洋国際会議で招待講演

講演題目:Characterization of High-speed Microactuator Utilizing Shape Memory Alloy Thin Films
会議名:The Fifth Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing
開催期間:2004年11月2日-5日
開催場所:中国、北京

宮崎修一教授 第5回先進材料に関する環太平洋国際会議で国際組織委員を務めると共に、シンポジウム「スマートマテリアル&システム」を主催

シンポジウム名:Smart Materials and Systems
会議名:The Fifth Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing
開催期間:2004年11月2日-5日
開催場所:中国、北京

宮崎修一教授 材料戦略セッションを企画

会議名:2004年日本金属学会秋期大会 (秋田大学、2004.7.29)
セッション名:次世代形状記憶合金の開発戦略
企画者:宮崎修一

宮崎修一教授 第3回機能材料の新フロンティアに関する先進科学会議で招待講演

講演題目:Development of Shape memory alloy thin films (Invited)

会議名:The Third Advanced Science Institute on New Frontiers of Functional Materials, July 26-31, 2004, Sendai, Japan

開催期間:2004年7月26日- 31日

開催場所:仙台

宮崎修一教授 第3回アジア・太平洋地域先端科学セミナー で招待講演

セミナー名:The third Advanced Science Institute Seminar “New Frontiers of Functional Materials”
主催:日本学術振興会
開催期間:2004年7月26日-31日
開催場所:蔵王ロイヤルホテル

セミナー趣旨:アジア・太平洋地域先端科学セミナー(Advanced Science Institute, ASI)は、独立行政法人日本学術振興会が東アジア・太平洋地域諸国の関係諸機関と協力し、参加国の若手研究者に対して、世界の指導的研究者による最先端科学研究の講義と相互の討議を通じて当該研究分野の将来を展望し、参加者間のネットワークを構築する機会を提供することを目的とするものです。  各国からの講師は、それぞれ2時間の講演を行う。第3回にあたる今回は、「材料科学」をテーマに取り上げ、6日間の合宿形式で日本において開催します。

宮崎修一教授ら オーガナイズドセッションを主催

会議名:日本機械学会のM&M2004材料力学カンファレンス (秋田大学、2004.7.21-23)
セッション名:形状記憶合金の特性と応用化技術
主催者:佐久間俊雄、京極秀樹、岡部永年、宮崎修一

宮崎修一教授 筑波大学研究交流会にてプレゼンテーション実施

 2003年12月19日、東京都城南地区中小企業振興センターにて開催された筑波大学研究交流会において、宮崎修一教授が「形状記憶合金の開発状況と最近の応用展開」について研究プレゼンテーションを行いました。この交流会は、筑波大学の研究成果を企業に公開し、大学と企業との共同研究や大学の研究成果の企業への技術移転の促進を測ることを目的として開催されました。

宮崎修一教授 第3回材料設計に関する国際シンポジウムで招待講演

講演題目:Shape memory alloy thin film microactuators (Invited)

会議名:The 3rd International Symposium on Designing, November 5-8, 2003, Jeju Island, Korea

開催期間:2003年11月5日- 8日

開催場所:韓国、済州島

宮崎修一教授 形状記憶合金に関する国際会議−ワークショップで招待講演

セミナー名:International Conference on Shape Memory Alloys
開催期間:2003年8月25日-27日
開催場所:Montreal, Canada

中学生向け夏休み体験学習実施

 2003年8月17日、中学生とその保護者に対して、形状記憶合金について学んでもらうために体験学習を行いました。

宮崎修一教授 形状記憶と超弾性の技術と形状記憶材料に関する国際会議で招待講演

講演題目:Ti-Ni shape memory alloy thin films (Invited)

会議名:International Conference on Shape Memory and Superelastic Technologies and Shape Memory Materials

開催期間:2001年9月

開催場所:中国、クンミン

宮崎修一教授 マルテンサイト変態の力学に関するIUTAMシンポジウムで招待講演

講演題目:Shape memory alloy thin films and microactuators (Invited)

会議名:IUTAM Symposium on Mechanics of Martensitic Phase Transformations in Solids

開催期間:2001年7月

開催場所:中国、香港

宮崎修一教授 先進工業材料の設計、加工、特性に関する国際シンポジウムで招待講演

講演題目:Ti-Ni shape memory alloys (Invited)

会議名:International Symposium on Designing, Processing and Properties of Advanced Engineering Materials

開催期間:2000年10月

開催場所:中国、桂林

宮崎修一教授 マルテンサイト変態と形状記憶合金に関する欧州シンポジウムで招待講演

講演題目:Ti-Ni shape memory alloys (Invited)

会議名:European symposium on Martensitic Transformations and Shape Memory Alloys

開催期間:2000年9月

開催場所:イタリア、コモ

宮崎修一教授 第5回機能・構造金属間化合物に関する国際会議で招待講演

講演題目:Shpe Memory Alloy Thin Films (invited)

会議名:Fifth International Conference on Functional and Structural Intermetallics

開催期間:2000年7月

開催場所:カナダ、バンクーバー

宮崎修一教授 形状記憶と超弾性に関する国際会議で招待講演

講演題目:Shpe Memory Alloy Thin Films (Invited)

会議名:International Conference on Shape Memory and Superelastic Technologies

開催期間:2000年5月

開催場所:米国、サンバレー

このページのTopへ